当事務所代表弁護士下村敏博が,労働委員会委員並びに同委員会の会長代理としての功績を評価され(労働行政功績),平成27年春の藍綬褒章を受章しました。

[功績概要]

平成9 年12月、奈良県地方労働委員会公益委員に就任し、今日に至るまで9期16年の長きにわたって、労使間の紛争調整や、不当労働行為事件の審査手続きを担当し、労使双方の自発的な歩み寄りが困難な労働紛争の解決に努め、労使関係の安定・正常化に尽力。
平成26年1月には、奈良県労働委員会会長代理に就任し、弁護士としての経験と知識を活かしつつ、持ち前の粘り強さをもって会長を補佐しながら、労働委員会の運営に取り組み、県労働行政の円滑な運営と事業の推進に寄与している。

<奈良新聞掲載記事>
新聞

 

<奈良日日新聞掲載記事> 記事(日日)


お礼

私こと平成27年春の褒章に際しまして,はからずも藍綬褒章の栄に浴しました。多くの皆様から御鄭重なる御祝意を賜り厚く御礼申し上げます。

去る5月15日厚生労働大臣より章記・褒章の伝達を受け,引き続き皇居へ参内し,天皇陛下に拝謁を賜りました。

これも一重に永年にわたり,皆様方からいただいた御指導御鞭撻の賜と心より感謝申し上げます。

今後ともこの栄誉に恥じることのないよう一層精進し些かなりとも御芳情に報いたいと存じますので何卒従前と変わらぬ御厚誼を賜りますようお願い申し上げます。