奈良県大和高田市の弁護士事務所です。1984年開設。企業法務、離婚、相続・遺言、成年後見、債務整理などを中心に、幅広い分野の法律問題に対応しています。

契約書の作成・検討

契約書の作成・検討

契約書の重要性

契約書は、契約の内容を明確にし、万が一紛争になった場合の証拠となるもので、トラブルの予防のためにも大変重要です。

口約束や簡単な注文書だけでは、内容が曖昧で、言った言わないの水掛け論となりがちですし、市販の契約書式をそのまま使うだけでは、意図した内容を盛り込めていなかったり、不要な条項を残してしまったりと、かえってトラブルの原因となることがあります。

また、契約書は一度調印すると、有利不利を問わず、その内容に拘束されますので、よく吟味した上で調印する必要があります。

取引先から契約書を求められた場合に、十分に内容を検討しないまま調印すると、後で思わぬ義務を負ったり、本来あるべき権利を実現できないことにもなりかねません。

法的リスク回避のために

奈良まほろば法律事務所では、法律相談の中で、契約書に関するアドバイスも行っています
契約書の内容や分量にもよりますが、ご相談だけで、注意すべきポイントについてのアドバイスが完了する場合もあります。

法律相談だけでは終了せず、本格的な作成・検討を要する場合には、費用も含めて、ご説明・提案をさせていただきます。

法的リスクを回避し、取引を円滑に進めるためにも是非ご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 奈良まほろば法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.